クリニカルアート

20140126_182916 (1280x960).jpg脳科学に基づいた独自のアートカリキュラムに沿って、絵画や立体造形などの創作活動を行うことによって、脳が活性化し、認知症の症状が改善されることを目的として医師・美術家・ファミリーアドバイザーがチームとなってスタートしました。

クリ二カルアートは、臨床美術とも言われています。
なかには、美術という言葉から「上手な絵」を描かなくてはというプレッシャーを感じられるかもしれません。
しかし、このクリニカルアートは、色や形を想像して、五感を刺激するので、癒しの効果とともに達成感や充実感を得ることが出来ます。まさに『脳が喜ぶ!』『心が笑う!』ことを実感されることでしょう。
年齢に関係なく、作成にかけたエネルギーが伝わる作品が出来上がります。
ここでは、他と比較・評価するのではなく、ご自分の中の充実感を味わっていただくことになりますので、「脳がキラメキ、愛され脳」になって、楽しくワクワクした気持ちになります。
 
使用する画材は、オイルパステルを中心に、水彩絵の具、色鉛筆、アクリル絵の具、粘土などを使って日常にある身近なものを描いたり、立体にしたりしていきます。
 作品作りのプロセスの中で、観察力を高め、構成をしながら、オリジナルな作品を創ります。
コミュニケーションのツールとして、社内研修やグループワークにも人気があります。
幅広い年齢層の方にご参加いただけます。
  • 当教室では、1回完結からシリーズで定期継続されることもできます

全国的な活動は
・介護予防事業など認知症の予防     
・発達が気になる子どもへのアプローチ
・小学校の「総合的な学習の時間」
・社会人向けのメンタルヘルス      ⇒オフィースアート(6回シリーズ)
など、多方面に取り入れら、教育や福祉教育の分野でも評価を受けています。
いきいき・ワクワクとした楽しい人生を願う人へ希望をもたらしています。

【脳を活性化する臨床美術士によるアート講座の主な効果】

1.描くこと・造ることが楽しく身近になります。
2.コミュニケーションが活発になります。
3.クリエイティブな発想に出会えます。
4.日常が豊かになります。
5.脳の活性化により生きる意欲が増幅されます。


2011.2.9.1.jpg2011.11.13.jpg2011-05-19 .jpg

パステルアート

20140126_182651 (2) (1280x960).jpg

パステルアートは、絵の苦手な人でも簡単に描く事が出来、描く過程の中で、今の自分に気づき、ご自分の描いたアートを見ながら心が解放されていきます。
絵心がなくても、絵に苦手意識がある方でも、簡単に描けるコツと技法を中心にカリキュラムを組んでいますので、安心してご受講いただけます。
技法はもちろんのこと、私達の中で眠っている未知なる可能性に気づくことや出来あがった作品を見て、自分で自画自賛してしまう不思議なアートです。
描く過程で自分の中にある感情や感性に気付き、自分らしさを表現することが出来ます。

簡単に描けるアートですが、心の中を知る機会にも恵まれ、ゆったりとリラックスして描く中で、本来の自分へと目覚めていく過程を体感することもあるでしょう。

あなたがすでに持っているダイヤモンドの原石を輝かしてみませんか!
★こんな人におすすめ
・イメージを豊かにして、自分の感情を色や形を使って表現したい。
・楽しさや生き甲斐、自信を持って達成感を実感したい。
・コミュニケーションの表現方法の一つとして描きたい
・自分の気持ちと向き合ってみたい。
・手軽なスペースで自分の時間を持ちたい。


2011.10.7.jpg2012-03-20 23 28 33 - コピー.jpg20130203_172945 (1280x960) - コピー.jpg